>
水没した大陸の伝説…レムリア文明とタミル人には関係があった?
2016/08/03

  19世紀頃、生物学的な見地から提唱されていたレムリア大陸ですが、大陸移動説の登場と、近年その裏づけとなる物証が発表されて以来、専らスピリチュアル方面(精神世界)のキーワードとして定着しつつあるレムリア大陸とレムリア文明ですが、 …

アカシック・リーディングによって描かれたレムリア大陸
2016/08/02

  19世紀、イギリスはロンドンに住んでいたという、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー氏によって発表された『シークレット・ドクトリン』で描かれている、人類発祥に関する記述の中で、現代においての3大伝説大陸ともいえる、レムリア大陸と …

浦島太郎のルーツを探る(3)武内宿禰こそが浦島太郎!?
浦島伝説
2016/08/02

  浦島伝説のルーツと思われる「山幸彦と海幸彦」の神話で、山幸彦を「綿津見神(わたつみのかみ/海神)」の宮へ連れて行く「塩椎神(しおつちのかみ)」またの名を「塩土老翁(しおつちのおじ)」いう老人の神様は、海の潮流と航海の神であり、 …

消えた2つの大地…レムリア大陸とムー大陸の関連性とは
2016/08/01

  19世紀に生物学的見地から唱えられた「レムリア大陸存在説」は、20世紀に入って浸透した、大陸移動説やにプレートテクトニクス理論によって、現在では否定的な見方が大半となっているのですが、一方で、生物学的な観点とはまったく関連して …

浦島太郎のルーツを探る(2)山幸彦は浦島太郎だったのか?
浦島伝説
2016/08/01

  浦島太郎の物語の元となる浦島伝説と主人公の浦嶋子のルーツと言われる人物(神様)で、最も良く知られているのは「山幸彦」ではないでしょうか。その物語は、古事記・日本書紀なかで「山幸彦と海幸彦」の神話で語られています。 この神話につ …

インド洋を巡る攻防!レムリア大陸存在説vs大陸移動説
2016/07/31

  19世紀に唱えられていた、「約5,000万年前、インド洋にレムリア大陸が存在していて、現在マダガスカルに限定的に存在している霊長類であるキツネザルは、陸地を通ってインドにも移動し、存在していた」という説は、20世紀にはいって「 …

浦島太郎のルーツを探る(1)常世の宮に行った海人族の神様
浦島伝説
2016/07/31

  浦島太郎の物語の元となる浦島伝説は、「日本書紀」と「丹後国風土記」そして「万葉集」にありました。主人公の浦島太郎の元となったのは浦の嶋子という人で、古代に海人と呼ばれる海に生きる人だったと思われます。 それではさらに遡って、こ …