>

その他、不思議なチカラ

「不思議なチカラ」ではパワーストーンやパワースポット、占い、風水などなどおもしろい情報をお送りしていますが、どこのカテゴリにも属さない話題を掲載するカテゴリです。

歴史や古代文明の不思議な話や、スフィンクスやピラミッドの謎、太陽系誕生の謎、昔からある不思議な都市伝説などなど、不思議で楽しい記事をたくさん紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
パラケルスス~聖書と戦った錬金術師
2017/03/29

  西洋史の時代区分の中で、近代よりも前の時代で、古代よりも新しい時代を指す、中世という時代があります。一般的には、およそ5世紀頃から15世紀頃の西洋の時代が該当するのですが、中世ヨーロッパといえば、錬金術が非常に盛んであったこと …

八百比丘尼と人魚(2):江戸時代には知られていた人魚の効用
八百比丘尼
2017/03/29

江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃の作者、井原西鶴の作品に「好色五人女」があります。この浮世草子は5人の女性の物語で、「お夏清十郎」や「八百屋お七」などをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。     人魚の肉は定番 …

カバラの概念と最後の錬金術師フルカネリの仮説
2017/03/28

  「最後の錬金術師」といわれている、20世紀に実在したとされるフランスのフルカネリが、錬金術の奥義と関連して精通していた概念がカバラなのですが、その発祥は紀元前数千年ともいわれ、しかもこんにちの世界宗教の半数以上に関連していると …

八百比丘尼と人魚(1):日本に残る最古の人魚の記録
八百比丘尼
2017/03/28

「八百比丘尼(やおびくに)」伝説の謎を考えるうえで忘れてならないのは、不老不死となった娘が食べたという人魚についてです。 人魚と言えば洋の東西を問わず世界中に伝承や物語のある伝説の生物ですが、ヨーロッパの人魚と東洋、特に日本の人魚には大きく …

神秘思想カバラと「モーゼの五書」
2017/03/27

  20世紀に入った1926年、中世ヨーロッパから脈々と伝えられている錬金術の技を、著書『大聖堂の秘密』の中で提唱し、今も物議をかもし続けている「最後の錬金術師」と呼ばれるフルカネリは、フランスの人物であることは知られているものの …

八百比丘尼は全国各地に何人もいた!?(4)比丘尼たちの謎
八百比丘尼
2017/03/27

「八百比丘尼(やおびくに)」伝説は、若狭国(福井県)を拠点として日本海を辿って北は青森県の西津軽郡まで、また約八割を占める東日本を中心に全国28都府県121ヵ所にも及ぶそうです。 なぜこれほどまでに、日本の各所に広がって八百比丘尼伝説が伝わ …

最後の錬金術師・フルカネリとは誰だったのか
2017/03/26

  錬金術では、「不老不死の実現」という、現代医学でも実現できていないような事象を標榜しており、錬金術師は、この実現に直接力を及ぼすことができる存在である、とされています。「最後の錬金術師」とされる、フランスのフルカネリは、その正 …

1 / 14812345...102030...最後 »