>

その他、不思議なチカラ

「不思議なチカラ」ではパワーストーンやパワースポット、占い、風水などなどおもしろい情報をお送りしていますが、どこのカテゴリにも属さない話題を掲載するカテゴリです。

歴史や古代文明の不思議な話や、スフィンクスやピラミッドの謎、太陽系誕生の謎、昔からある不思議な都市伝説などなど、不思議で楽しい記事をたくさん紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
土の精霊グノームと庭を護る小人のガーデン・ノーム
15756465b11dbe7ad14fa7d77b864c54_s
2018/01/21

  土と大地の精霊「グノーム(ノーム)」と言えば、欧米圏の人であれば「ガーデン・ノーム」をすぐに思い浮かべるかも知れません。 ガーデン・ノーム(庭小人)とは、ガーデニングが盛んな欧米で家や庭のお守り、あるいは飾りのエクステリアとし …

土の中や岩穴に棲む土の精霊グノームとは
1eac5da770576cd7801e01b873a604d7_s
2018/01/20

  16世紀のスイス出身の錬金術師であり医師、化学者あるいは神秘思想家のパラケルスス(テオフラストゥス・ホーエンハイム)は、古代ギリシャ哲学から伝わる「四大元素」である火、水、空気(風)、土のそれぞれを司るエレメンタル、つまり精霊 …

妖精・精霊を四種類の元素に区分するエレメンタルとは
エルフの里
2018/01/19

  この世界に「精霊」や「妖精」はどのぐらいいるのでしょうか? 古代からの文化が続くヨーロッパやアジアの各地域には、様々な精霊や妖精が伝わって来ました。例えばイギリスのアンナ・フランクリンという人がまとめた「妖精百科事典」という本 …

賢くおもしろく利用するゲシュタルト崩壊!
ゲシュタルト崩壊
2018/01/18

「ゲシュタルト崩壊」というと、何か病気や不健康なイメージを抱かれる方もおられるかとは思いますが、現在のところは、病気とも健康とも分類されておらず(かつては失認症の一種と捉えられていたこともあるようです)、むしろメリットも存在していて、積極的 …

ゲシュタルト崩壊のメリットとデメリット
ゲシュタルト崩壊
2018/01/17

1940年代、ドイツの神経学者であったというC・ファウストという人物が、失認症のひとつとして報告したことが最初であるという「ゲシュタルト崩壊」という現象なのですが、この現象は、特に病気を抱えた状態の人だけに起こることではなく、視覚、聴覚、触 …

コスト問題に起因?火星人の存在可能性がはっきりしない真の理由
2018/01/17

  火星人の存在可能性は、18世紀以降、非常に長い間取り沙汰され続けている話題です。もはや火星人は現代において、第六感や心霊現象、おまじない、ジンクスなどと同じく「オカルトや迷信、都市伝説」のくくりで語られているといっても過言では …

ゲシュタルト療法。今現在だけに集中するこは可能か?
ゲシュタルト崩壊
2018/01/16

世にいう「ゲシュタルト療法」というものは、20世紀のドイツ系ユダヤ人の精神科医によって提唱された治療法のひとつであり、「過去にとらわれず、今現在に集中する」ことによって、安定した精神状態を得られる、というもののようです。 しかし人間の思考と …

1 / 18712345...102030...最後 »