>
【アカシックレコード】エドガー・ケイシーとライフ・リーディング
アカシックレコード
2017/07/27

19世紀頃のアメリカに、アカシックレコードに通じる「」という手法で、数々の予言をおこなっていったというエドガー・ケイシーは、40代で神智学の識者と出会うまでは、敬虔なクリスチャンであった、といいます。 その彼が、自身の不思議な体験を経由して …

宗教、スピリチュアルにおける第三の目と頭頂眼
0ac7a9098a8596780b0c04e5b9b24d05_s
2017/07/26

  生物学的な人間の進化とともに、生き物全体の進化の過程において本来は機能として備えていた第三の目は、徐々に(もしくは短期間で一気に)退化していったことが想定されますが、 一方で、宗教やスピリチュアルの領域では、ヒンドゥー教然り、 …

【アカシックレコード】予言で有名になったエドガー・ケイシー
アカシックレコード
2017/07/26

大宇宙のあらゆる事象を記録しているというアカシックレコードは、19世紀の時代に、神智学という神秘思想の中から発生した概念なのですが、この影響を大きく受けて、アカシックレコードを使った予言を数多くおこない、非常に有名になった人物が存在していま …

人間にも備わっていた?第三の目の覚醒と松果体の働き
2017/07/25

  かつて恐竜の仲間が持っていたという「第三の目」は、ニュージーランドに今も生息するムカシトカゲなどに、その痕跡を残しています。 これは、生物学的には「頭頂眼」と呼ばれ、生物の進化、特に人間の誕生と、猿から人間として哺乳類が変わっ …

【アカシックレコード】アトランティス大陸の聖典を手に入れられた?
アカシックレコード
2017/07/25

神智学の創始者のひとりである、ロシア出身のヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキーは、太古の昔に海中に沈んだという伝説の大陸、アトランティスの聖典(「ジャーンの書」と名付けられています)を、「アカシックレコードから手に入れることができた」、と話し …

第三の目、頭頂眼が少数派となった理由とは?
2017/07/24

  人間にとっては、想像上の機能であったり、一般的な常識の中では「まったくもって存在はしていないもの」として考えられている「(物理的な)第三の目」ですが、実は太古の昔に存在していた恐竜には「頭頂眼」と呼ばれる「第三の目」を備えた種 …

【アカシックレコード】実際に残っている記録はあるのか?
アカシックレコード
2017/07/24

19世紀頃に使われ始めたアカシックレコードという概念は、神智学の始祖のひとりといわれる、ロシアのヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキーと、同じく神智学の教会に属していたという、オーストリアのルドルフ・シュタイナーが最初に発見した、といわれていま …