>
座敷わらしは神様?それとも妖怪?(1)小さな神様伝説
座敷わらし
2016/01/14

  座敷わらしは、住み着いている家を護って栄えさせ、豊かにしてくれる存在だとされていますが、それでは座敷わらしとは何なのでしょうか。 座敷わらしは、神様とも精霊とも妖怪とも言われています。もともと日本では神様と妖怪との区別はそれほ …

「座敷わらし」は家を護って豊かにしてくれる神様?
座敷わらし
2016/01/13

  「座敷わらし」とは、岩手県を中心として主に東北地方に伝承されている、神様とも精霊とも妖怪ともされているものです。 だいたいは旧家の奥座敷に住んでいると言われていて、その姿はおかっぱ髪やざんぎり頭の赤ら顔の小さな子供で、男の子と …

龍宮城は意外な場所にあった?龍ゆかりの諏訪大社と甲賀三郎伝説
羽黒山参道杉並木
2015/12/26

  「俵藤太(藤原秀郷)の百足(むかで)退治」伝説では、龍宮は琵琶湖にありました。この琵琶湖よりも古くから龍神伝説のある湖と言えば、信濃の国(長野県)の諏訪湖です。 それでは諏訪湖にも龍宮はあるのでしょうか?   諏訪湖 …

龍宮城はどこにある?浦島太郎、山幸彦の物語と俵藤太の百足退治伝説
2015/12/25

  浦島太郎が行った龍宮城、山幸彦が行ったという綿津見神(わたつみのかみ/海神)の宮、それら海神=龍神が棲むという龍宮はどこにあるのでしょうか? 中国南部の伝説では、龍宮は長江(揚子江)につながる湖南省の洞庭湖という大きな淡水湖に …

山幸彦と海幸彦と龍の伝説…海神からもらった2つの玉と八尋和邇の姫
2015/12/24

  『古事記』『日本書紀』にある「山幸彦と海幸彦」の神話は浦島太郎伝説のもとになったと言われる神話で、そこに出て来る海神は龍神に関係があるのでは?というお話を前の記事でご紹介しました。 そのキーワードは、山幸彦が海神の宮から帰ると …

龍神・乙姫はどこにいる?浦島太郎の物語と山幸彦・海幸彦神話
2015/12/23

  浦島太郎の伝説に出て来る龍宮城は、一般的に「海神=龍神」の棲むところとされています。しかし、浦島太郎伝説が記されている『日本書紀』や『丹後風土記』、また物語が整えられた中世の『御伽草子』でも、龍宮城の主であるはずの龍神は登場し …

浦島太郎の昔話のルーツは中国にあった?長江文明から伝わる龍宮伝説
2015/12/22

  浦島太郎の伝説でとても不思議なのは、この物語が初めて記述された『日本書紀』や『丹後風土記』では、浦島子(浦島太郎)が行くのが「龍宮」ではなく「常世の国(とこよのくに/蓬莱山)」であるということ。また中世の『御伽草子』でようやく …