>
安倍晴明にもあった鬼を見るチカラ「見鬼」と霊感
霊感
2017/04/03

日本の歴史上、最も強力な霊感の持ち主といったら誰になるでしょうか。古事記・日本書紀に描かれる神話の時代は除外しましょう。その時代は神と人間が渾然一体であり、人間が八百万の神様たちと深くつながっていたときでしたので。 神話の時代から歴史の時代 …

怖い霊はいつから登場したのか??陰陽師と怨霊の関係とは?
霊感
2017/04/02

「霊感」というと、一般的には「霊」や「霊的なもの」を感じることのできる感覚、チカラということになります。それもだいたいは、怖い霊がここにはいるのでは?といったことが多いのではないでしょうか。   怖い霊とは何なのでしょう 古代のわ …

古代の日本人と霊魂や霊的なもの。敬われる存在の霊や霊魂
霊感
2017/04/01

私たちの遠い先祖である古代の日本人の回りには、霊や霊魂が宿った、あるいは八百万の神様とつながる「もの」がたくさんありました。     いたるところに存在する「もの」と霊魂 「もの」とは、物質的な物というだけではありません …

霊感と霊的なものとの関係性とは?日本人における霊感
霊感
2017/03/31

「霊感」は神や仏が示す感応や啓示、あるいは芸術家の霊感のように理屈では説明できない「ひらめき」といったことにも使われますが、私たちがこの言葉を使う場合には漢字のとおり霊的なものを感じる、あるいはそれが見えるというのが一般的ではないでしょうか …

霊感とは何なのか。第六感を霊感と言い換えられるのか?
霊感
2017/03/30

「霊感」という言葉があります。よく、私は霊感が強いのですぐに感じるとか、霊感はないから見えたことがない、といった会話がごく普通に交わされています。 それでは、この霊感というものは、いったい何なのでしょうか?     霊感 …

八百比丘尼と人魚(2):江戸時代には知られていた人魚の効用
八百比丘尼
2017/03/29

江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃の作者、井原西鶴の作品に「好色五人女」があります。この浮世草子は5人の女性の物語で、「お夏清十郎」や「八百屋お七」などをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。     人魚の肉は定番 …

八百比丘尼と人魚(1):日本に残る最古の人魚の記録
八百比丘尼
2017/03/28

「八百比丘尼(やおびくに)」伝説の謎を考えるうえで忘れてならないのは、不老不死となった娘が食べたという人魚についてです。 人魚と言えば洋の東西を問わず世界中に伝承や物語のある伝説の生物ですが、ヨーロッパの人魚と東洋、特に日本の人魚には大きく …