>
八百比丘尼は全国各地に何人もいた!?(4)秦一族と八百比丘尼
八百比丘尼
2017/03/26

福島県の喜多方市の「金川寺」に伝えられる「八百比丘尼(やおびくに)」伝説は、一般に良く知られるものとは違いました。漁師か漁師の長者の娘ではなく、渡来氏族で聖徳太子の側近として活躍した秦河勝の孫の秦勝道の娘の「千代姫」。食べたのは人魚の肉では …

八百比丘尼は全国各地に何人もいた!?(3)千代姫の伝説
952bd0b3daba8675bb15881ebbe43075_s
2017/03/25

人魚の肉を食べて不老不死となった「八百比丘尼(やおびくに)」は、もとはたいてい漁師か漁師の長者の娘です。また、八百比丘尼伝説の中心である若狭国(福井県)をはじめ、北は青森の西津軽郡から佐渡島、西は長門国(山口県)の青海島まで、日本海を繋ぐ大 …

八百比丘尼は全国各地に何人もいた!?(2)青森と佐渡の八百比丘尼
八百比丘尼
2017/03/24

不老不死の女性「八百比丘尼(やおびくに)」が、実は何人もいた。 この謎は、八百比丘尼伝説やその類いの伝承が、日本全国のうち28都道府県121ヵ所にも伝わっていることから来ています。その8割は東日本で、北は岩手県から西は佐賀県まで、とても広範 …

八百比丘尼は全国各地に何人もいた!?(1)青海島のお静伝説
八百比丘尼
2017/03/23

不老不死の女性「八百比丘尼(やおびくに)」が、実は何人もいたという謎があります。人魚の肉を食べて800年生きた人がそんなにいるとは思えないのですが、これはいったいどういうことなのでしょうか? この八百比丘尼が複数いたという説の根拠は、八百比 …

不老不死の八百比丘尼はいつ頃の人だったのか??
八百比丘尼
2017/03/22

人魚の肉を食べて不老不死となった女性「八百比丘尼(やおびくに)」は、いったいいつ頃の人だったのでしょうか? 八百比丘尼が人々に知られる存在となったのは、鎌倉時代から室町時代にかけてだと考えられています。日本の民俗学の創始者である柳田國男は「 …

悲劇の不老不死伝説「八百比丘尼伝説」人魚の肉を食べることになった経緯
八百比丘尼
2017/03/21

  はからずも不老不死となった女性「八百比丘尼(やおびくに)」の伝説とは、どのようなお話だったのでしょうか。 この伝説は全国各地に伝わっているそうですが、よく知られているものでは佐渡島(新潟県)や若狭国(福井県)のお話があります。 …

悲劇の不老不死伝説「八百比丘尼(やおびくに)伝説」
八百比丘尼
2017/03/20

洋の東西を問わず、人間が古代から求めてきたもののひとつに「不老長寿」や「不老不死」があります。ちなみに不老長寿はいつまでも若く長生きすることで、不老不死は若いまま決して死なないことですから、ふたつの言葉の意味はだいぶ違います。   …