不思議なチカラ最新情報

土の中の小人~グリム童話の中に登場するグノームたち
c83013bfa9988eb27effd6503996f39d_s
2018/01/23

  現代の様々な物語に登場する土と大地の精霊「グノーム(ノーム)」ですが、19世紀の初めにグリム兄弟が編纂したメルヘン集『グリム童話』にもグノームをテーマとした物語があります。 ドイツ語のメルヘンとは英語では「フェアリーテール(妖 …

オズの魔法使い、ナルニア国物語など物語に登場する様々なノーム
779624
2018/01/22

  土と大地の精霊「グノーム(ノーム)」が、16世紀の錬金術師で神秘思想家のパラケルススによって「四大精霊」のひとつとして定義されて以来、地中に棲む小人というキャラクター性からか多くの物語や創作に登場することになります。 20世紀 …

土の精霊グノームと庭を護る小人のガーデン・ノーム
15756465b11dbe7ad14fa7d77b864c54_s
2018/01/21

  土と大地の精霊「グノーム(ノーム)」と言えば、欧米圏の人であれば「ガーデン・ノーム」をすぐに思い浮かべるかも知れません。 ガーデン・ノーム(庭小人)とは、ガーデニングが盛んな欧米で家や庭のお守り、あるいは飾りのエクステリアとし …

土の中や岩穴に棲む土の精霊グノームとは
1eac5da770576cd7801e01b873a604d7_s
2018/01/20

  16世紀のスイス出身の錬金術師であり医師、化学者あるいは神秘思想家のパラケルスス(テオフラストゥス・ホーエンハイム)は、古代ギリシャ哲学から伝わる「四大元素」である火、水、空気(風)、土のそれぞれを司るエレメンタル、つまり精霊 …

妖精・精霊を四種類の元素に区分するエレメンタルとは
エルフの里
2018/01/19

  この世界に「精霊」や「妖精」はどのぐらいいるのでしょうか? 古代からの文化が続くヨーロッパやアジアの各地域には、様々な精霊や妖精が伝わって来ました。例えばイギリスのアンナ・フランクリンという人がまとめた「妖精百科事典」という本 …

賢くおもしろく利用するゲシュタルト崩壊!
ゲシュタルト崩壊
2018/01/18

「ゲシュタルト崩壊」というと、何か病気や不健康なイメージを抱かれる方もおられるかとは思いますが、現在のところは、病気とも健康とも分類されておらず(かつては失認症の一種と捉えられていたこともあるようです)、むしろメリットも存在していて、積極的 …

ゲシュタルト崩壊のメリットとデメリット
ゲシュタルト崩壊
2018/01/17

1940年代、ドイツの神経学者であったというC・ファウストという人物が、失認症のひとつとして報告したことが最初であるという「ゲシュタルト崩壊」という現象なのですが、この現象は、特に病気を抱えた状態の人だけに起こることではなく、視覚、聴覚、触 …