不思議なチカラ最新情報

御船千鶴子と長尾郁子:念写の概念を生んだ「透視実験」
水晶
2016/09/24

  1910年(明治43年)に東京帝国大学助教授であった福来友吉博士主導でおこなわれた「透視実験」は、当時日本全土に及ぶ大きな論争を呼び、結果的に実験の当事者であった御船千鶴子氏は、1911年に重クロム酸カリによる服毒自殺を遂げ、 …

念写の概念の発見と「千里眼」御船千鶴子の実験
不思議体験
2016/09/23

  代表的な超能力の一種といわれる念写は、明治末期に、当時の東京帝国大学助教授の超心理学者である福来友吉博士のよって見出された超能力である、といわれています。念写は、現代においても、能力の実在性についての科学的根拠が示されていない …

五感を超える驚異の超能力!「念写」とはどんなもの?
2016/09/22

  昔から人間には、五感を越える能力の存在、つまり「超能力」を持っているに違いない、と信じられ、伝えられてきました。超能力は、「見る、聞く、感じる」といった一般的な能力ではなく、念じるだけでコミュニケーションが取れるというテレパシ …

サヴァン症候群:テレパシーの謎を解明する医学的アプローチ
不思議体験
2016/09/21

  従来「超能力の一種」として考えられてきたテレパシーは、医学的な症状として未だそのメカニズムが解明されていないという、サヴァン症候群(何らかの障害を持っている人が、ある領域、主に記憶力において、常軌を逸した能力を発揮する)の患者 …

症例のひとつはテレパシー?サヴァン症候群とは
2016/09/20

  テレパシーは、超能力や第六感といった、人間の未解明の能力のひとつであり、「言語や身振り手振りなど、一般的に相手が認識できるコミュニケーション手段を使わずに、相手に思考を伝えることのできる能力、または読み取ることのできる能力」、 …

テレパシーを具体化!?ブレイン・マシン・インターフェースとは
チャネリング
2016/09/19

  近年、ブレイン・マシン・インターフェースというキーワードが話題になっています。英語の原語は「Brain-machine Interface(略称はBMI)」で、脳(=ブレイン)から発せられる信号を読み取り、機械(=マシン)へダ …

テレパシーの解明は目前?アメリカDARPAの驚くべき研究とは
2016/09/18

  1950年代に発足した、アメリカ国防総省関連の研究機関であるDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency、日本語=米国防高等研究計画局)は、インターネットの原型を開発した機関な …