不思議なチカラ最新情報

以心伝心?テレパシーが存在すると考えられる理由
2016/09/14

  1843年、イギリスはカンブリア州(当時はカンバーランド州という呼称でした)、ケスウィックの裕福なキリスト教牧師の家に生まれたフレデリック・ウィリアム・ヘンリー・マイヤース氏は、現代にも受け継がれ、研究が継続されている「人間の …

テレパシーの研究はここから始まった!五感を超えた能力の謎
2016/09/13

  一般的には「人間が意識的にコントロールしている」、とされている能力が五感であり、「意識外」、つまり「潜在的な意識によって発揮され、意識的なコントロールの範疇外であるもの」の存在可能性が、テレパシーの研究の出発点である、とされて …

人間の秘めた能力「テレパシー」の概念はいつどこで誕生した?
2016/09/12

  人間や動物には、古来「五感」という5種類の感覚が備わっている、とされています。五感とは、視覚(見る能力)、聴覚(聞く能力)、触覚(触って事象を認識する能力)、味覚(食べ物や飲み物を口にして事象を認識する能力)、嗅覚(匂いで事象 …

パラレルワールドは存在する?次元の関連性からの考察
2016/09/11

  ドイツ出身の有名な物理学者であるアインシュタイン氏が唱えた相対性理論は、私たちが認識している三次元空間が、時間軸毎に存在している四次元世界に包括できることを、物理学的な計算式を持って証明した、とされています。つまり、「パラレル …

パラレルワールドとアインシュタインの相対性理論
2016/09/10

  相互に関連しあうさまざまな可能性の世界が、同時並行的に存在しているというパラレルワールドは、量子力学や一般相対性理論といった物理学的なアプローチで説明されることが多いのですが、一方で、次元というアプローチでの説明もなされたりし …

パラレルワールドの解釈と多世界の単一化
2016/09/09

  1920年代頃に活躍していたオーストリアの物理学者、エルヴィン・シュレーディンガー氏(1933年には、新しい原子理論を発見した功績により、ノーベル物理学賞を受賞しています)がおこなった「シュレーディンガーの猫」実験では、量子理 …

シュレーディンガーの猫が平行世界の概念を否定できない理由
2016/09/08

  量子力学によって物理的に説明されていたパラレルワールドは、、1887年生まれのオーストリアの理論物理学者であるエルヴィン・シュレーディンガー氏による「シュレディンガーの猫」実験によって、明確に否定されています。 この実験では、 …