不思議なチカラ最新情報

北欧神話を分類する「エッダ」と北欧の独自性
2017/08/11

  ラグナロクというキーワードを語るうえで、まずあげられるのは北欧神話であり、その北欧神話の根幹要素が古エッダ、新エッダ、小エッダという文書の存在です。 これらの文書は、基本的には古ノルド語という、8世紀頃から14世紀頃にかけて、 …

北欧神話の構成要素~エッダ、フラート島本、サガ
引き寄せの法則
2017/08/10

  ラグナロクというキーワードのベースとなっている北欧神話は、現在の北ヨーロッパ地方の中でも、文化的にも歴史的にも同じ文化を持つ地域で、13世紀頃から文書が進められてきました。 それ以前の時代には、主に口述で伝承がなされていたこと …

ラグナロクに隠された北欧神話の成り立ちと歴史
8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s
2017/08/09

  13世紀前後に生まれたという北欧神話とその物語の中に登場するラグナロク。 ラグナロクとは「神々の黄昏」や「神々の運命」という意味を持っているのですが、これは不老不死の概念にも通じる「上限のない無限の存在である神」のイメージとは …

ラグナロクとは?北欧神話から垣間見える時代背景
74afe7eb8622309f7c258e128d9ef176_s
2017/08/08

  北欧神話の中の有名なキーワードのひとつであるラグナロクは、いわゆるゲルマン民族の古い言葉を起源としていて、その言語は古北欧語ともいう古ノルド語と呼ばれています。 この言葉は、8世紀~14世紀頃(2世紀~8世紀頃とする文献も存在 …

「神話」とは何か。欧州や日本に伝わる神話の原点を考える
刀剣伝説
2017/08/07

  「神話」というキーワードは、日本において、しばしば複数の意味合いで使用されることがあります。 ギリシャ神話が基となっているといわれる「パンドラの箱」という表現や、非常に信頼性の高い状態を指している「安全神話」という表現など、長 …

チャネリング:得た情報を正しく判断するためのアプローチ
チャネリング
2017/08/06

チャネリングというものが、実は「理想とする自分自身」と、「実生活における実際の自分」のかい離に対する「内なる声の取得」であったとすると、チャネリングの活用方法としては、「理想の自分に近づけるために、知り得た情報を重要なインプットとして受け止 …

チャネリングを実生活に活かす方法とハイヤーセルフ
ウンディーネ
2017/08/05

チャネリングとは、「あらゆる記録を保持している巨大な記憶へのアクセス」とも、「過去または未来について、より正確に予測する力」ともいわれていますが、その実態や本質に関しては、未だ明確には判明していません。 しかし、ちょっとした日常における勘の …