>
西洋の手相占いの起源は古代ギリシャ。本格的に広まったのは12世紀ルネサンス期
手相
2014/05/04

  インドから中東、ギリシャ、ローマを経てヨーロッパに伝わった手相術は、西洋手相術として発展していきました。しかし、決して順風満帆な歴史を辿っていったわけではなく、キリスト教との対立のなかで、何回かの消滅の危機を免れながら今日に至 …

観相の祖、水野南北のお話。現代日本の手相占いは西洋手相術と東洋占星術の融合
手相
2014/05/03

  古代インドを起源として3000年前から5000年前に始まった手相占いは、インドから東と西に分かれるように世界に広がっていきました。 中国から日本へと伝わった手相占いは「東洋手相術」と呼ばれ、中東からギリシャ、ローマを経てヨーロ …

19世紀末西洋手相業界に組織していた「ロンドン手相学協会」手相を科学する団体だった?
2014/05/02

    17世紀、18世紀の近代科学の発達によって衰退してしまった西洋手相術ですが、19世紀に入ると再び復興します。 ナポレオン時代のフランスでは、ダン・パルチニーとデバロールというふたりの手相家が出て、西洋手相術の基礎 …

手相占いの起源はインド文明。人の運命は天体が司り手のひらに宿ると考えられていた
手相
2014/05/02

  手相占いはいつ、どこから始まったのかご存知ですか。 手相占いには、3000年から5000年の歴史があるとされています。 5000年前といえば日本では縄文時代中期。土偶や大型の土器が作られ、ヒスイでできた勾玉も作られていました。 …

土地神様「平将門首塚」と「神田明神」東京パワースポット巡り6
CR135_L
2014/03/23

東京を守る土地神様ということでいうと、忘れてはならないのが平将門です。 平将門は、もちろん大國魂神社の大國魂大神のような古来の国津神ではありません。平将門は平安時代中期に実在した関東の豪族で、京都の朝廷に対抗して新皇を名乗り、東国の独立を標 …

縁結びと厄除けにご利益が!「大國魂神社」東京パワースポット巡り5
CR046_L
2014/03/23

府中市にある大國魂神社は、武蔵国総社であり東京五社のひとつでもある、とても社格の高い神社です。東京五社とは東京大神宮、靖国神社、山王日枝神社、明治神宮にこの大國魂神社を加えた五つの神社で、格式の高いとされる神社が選ばれています。 &nbsp …

観光地と霊場との二面性を持つ「高尾山」東京パワースポット巡り4
パワースポット
2014/03/23

高尾山は世界で最も登山者の多い山なのだそうです。東京都心から約1時間で行けるということもあり、年間の登山者数は260万人を超えます。夏の登山シーズンの富士山が25万人ほどだということですので、10倍以上の登山者が訪れていることになります。 …