>
西欧三大モンスターのひとつ狼男のイメージは映画から生まれた!?
2017/06/20

みなさんは「狼男」と聞くと、どんなイメージを抱かれるでしょうか。満月の夜に、人間の姿から凶悪な狼男へと変身する獣人。狼男にひとたび噛まれると狼憑きの呪いを受け、その者も狼男、狼女になってしまう、などなど。 「人狼」や「狼人間」、英語では「ワ …

麒麟は西方からやってきた?ペガサス、ユニコーンとの関係は
麒麟
2017/06/19

「麒麟(きりん)」のその姿は、頭に1本のツノを生やした大型の鹿のようであり、また古代の中国大陸では鹿の麒麟と同時に馬の「騏驎(きりん)」もいて、その馬型の騏驎は両肩に羽を生やした姿の場合もある、ということを別の記事でご紹介しました。 大型の …

麒麟はどんな姿をしているのか。本当の姿を探ってみる。
麒麟
2017/06/18

霊獣であり聖獣である「麒麟(きりん)」は、どんな姿をしているのでしょうか。 わたしたち日本人には、キリンビールのラベルに描かれた麒麟の姿が一般的にイメージされるかも知れません。 しかし麒麟の姿かたちは、例えば龍が「ツノは鹿、頭は駱駝、耳は牛 …

屈指の聖獣と言われる麒麟(キリン)とは?
麒麟
2017/06/17

「麒麟(きりん)」という言葉を聞いて、わたしたちが思い浮かべるのは何でしょうか。とてもポピュラーなビール会社の名称、もしかしたらそのマークとなっている不思議な獣の姿もイメージするかも知れません。あるいは、動物園で見ることのできるキリン? 元 …

龍の色の謎 ー 青龍はいつどうして生まれたのか?
青龍
2017/06/16

赤い龍と玉(ぎょく)、そして女神を崇拝する畑作狩猟牧畜文化の「遼河文明」(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)の人々の中国大陸の南下は、稲作漁労文化で太陽を崇拝する「長江文明」(紀元前14000年頃より紀元前1000年頃まで)との出会い …

龍の色の謎 ‐ 龍族と太陽族の争いはあったのか?
青龍
2017/06/15

今からおよそ5700年前、地球上が温暖な気候であった「ヒプシサーマル」の時期が終わり、各地が寒冷となっていくにつれて、赤い龍と玉(ぎょく)、そして女神を崇拝する畑作狩猟牧畜文化の遼河文明(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)の人々は、よ …

龍の色の謎 – もとは猪や鹿の頭を持つ赤龍だった?
青龍
2017/06/14

中国東北地方の古代文明である「遼河文明」(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)。そこから誕生した龍は「赤龍(紅龍)」であり、そして猪や鹿などの頭を持った龍でした。 つまり、赤龍(紅龍)が大もとの龍であり、その姿はイノシシや鹿などの地上の …