>
経験則だけでは語れない…直感・第六感の正体を探る!
2017/06/17

21世紀に入ってから、某大手SIerが中心となって進めたという「将棋における脳内活動の探索研究」プロジェクトでは、プロ棋士とアマ棋士とでは、対局する際に動きを見せる脳の部位が異なることがわかりました。 誤解を恐れずに簡単にいえば、「プロ棋士 …

龍の色の謎 ー 青龍はいつどうして生まれたのか?
青龍
2017/06/16

赤い龍と玉(ぎょく)、そして女神を崇拝する畑作狩猟牧畜文化の「遼河文明」(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)の人々の中国大陸の南下は、稲作漁労文化で太陽を崇拝する「長江文明」(紀元前14000年頃より紀元前1000年頃まで)との出会い …

プロ棋士に見るひらめきの研究:第六感は解明できる?
3dd2fc5e425f0d35347e19a80a1050dc_s
2017/06/16

プロの棋士達は、いわゆる「直感」を超えた「第六感」に近いイメージの、特殊性やユニーク性を感じさせる能力を駆使しています。なおかつ肉体的な機能との連携をほとんど必要としないところから、プロスポーツ選手などとは一線を画した存在として、「第六感」 …

龍の色の謎 ‐ 龍族と太陽族の争いはあったのか?
青龍
2017/06/15

今からおよそ5700年前、地球上が温暖な気候であった「ヒプシサーマル」の時期が終わり、各地が寒冷となっていくにつれて、赤い龍と玉(ぎょく)、そして女神を崇拝する畑作狩猟牧畜文化の遼河文明(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)の人々は、よ …

天才の頭脳の仕組みから第六感は解明できる?
83f5c25d56166835c5d5931a243f2317_s
2017/06/15

目で見たり耳で聞いたり、皮膚で感じたり、といった、人間としてあらかじめ備わっていて、誰もがその存在を疑っていない「五感」と比較して、「第六感」というものは、勘や思い込みよりも少し進んだ「能力」であると、多くの人が信じているようです。 しかし …

龍の色の謎 – もとは猪や鹿の頭を持つ赤龍だった?
青龍
2017/06/14

中国東北地方の古代文明である「遼河文明」(紀元前6200年頃から紀元前500年頃)。そこから誕生した龍は「赤龍(紅龍)」であり、そして猪や鹿などの頭を持った龍でした。 つまり、赤龍(紅龍)が大もとの龍であり、その姿はイノシシや鹿などの地上の …

第六感は説明できる!新説「ピエゾ2遺伝子」とはどんなもの?
念力
2017/06/14

人間が持っている「五感」を超える「第六感」が、実はピエゾ2遺伝子の作用によるものである、という最近の学説は、まだまだ検証の余地を残しているものの、多くの人々がその存在を認識しているという「第六感」を説明するための材料としては、注目に値するも …