不思議なチカラ最新情報

これだけある、ナスカの地上絵の種類。動物や模様、人間の姿も?
2016/02/06

  ペルーにあるナスカの地上絵は、乾燥した大地にある地上の岩を取り除いて作った「地上の溝」によって、上空から見ると巨大で正確な絵に見えるという有名な事象で、世界遺産のひとつにもカウントされています。この絵は、現時点で約70点ほど発 …

ナスカの地上絵の謎…巨大なコンドルの絵はこうして見つかった!
2016/02/05

  世の中には、真相が解明されないまま現在に至っているような、不思議な遺跡や生き物、事象がたくさん存在しています。情報化社会といわれて久しい昨今ですが、かつてはインターネットもデジタルメモリーもなく、さらに遡ると紙媒体すら存在せず …

バミューダトライアングルの謎と政治的背景についての考察
2016/02/04

  航空機や船舶の謎の消滅事件が頻発しているといわれるバミューダトライアングルは、いわゆるミステリーゾーンとして世界中に知られている場所ですが、アメリカのフロリダ半島とプエルトリコ、そしてバミューダ諸島を結ぶことで構成されている三 …

魔の海域バミューダトライアングルでの物質消滅の原因を考察する
2016/02/03

  アメリカのライターであるヴィンセント・ガディス氏が提唱し、その後チャールズ・バーリッツ氏の著書「謎のバミューダ海域」によって世界的に広まった、「物質が消滅する」というバミューダトライアングルについて、これまで数々の研究や調査が …

ドラゴントライアングル…日本にもあったバミューダトライアングル
2016/02/02

  バミューダ諸島とフロリダ、プエルトリコを結ぶバミューダトライアングルは、航空機や船舶が突如として消滅するという謎の領域として、世界的に知られているミステリーゾーンなのですが、日本にもこれと類似した領域があるとして、近年話題にな …

バミューダトライアングル 問題提起と謎解きの歴史
2016/02/01

  1940年代に起こった航空機の失踪事件をはじめとして、航空機のみならず、船舶やその乗組員をも消滅してしまうという「魔の三角地帯」として有名なバミューダトライアングルは、今でこそ広く浸透している現象であり、キーワードですが、あら …

中国から来た河童と日本の河童(2)江戸時代後期にイメージが定着
カッパ
2016/02/01

  熊本県の八代市には、河童が大陸から渡って来たということを記した石碑があります。 これは「河童渡来之碑」というもので、八代城跡の南、前川橋のたもとに建てられています。 その伝承によると、仁徳天皇の時代(4世紀とされる)に「九千坊 …