不思議なチカラ最新情報

最終戦争ラグナロクと北欧神話の主神オーディン
ラグナロク
2017/10/20

北欧神話の最終戦争であるラグナロクでは、神々と巨人族が数々の怪物(フェンリル狼や狂犬ガルム、火の巨人スルト、世界蛇ヨルムンガンド、怪蛇ニーズホッグなどが代表的な怪物達です)と共に死闘を演じ、最終的にはほぼ相打ちともいえる結末を迎えて、世界は …

ラグナロクのストーリー:争いを繰り広げていた二人の神
ラグナロク
2017/10/19

北欧神話のストーリーの根幹をなすストーリーに、ある種の整合性を与えていたエッダという文書群のなかで、最終戦争のきっかけとなる争いを繰り広げていたという二人の神、ロキとバルドルは、結果的に「ラグナロク=神々の黄昏」の時期を早めた神であるという …

ラグナロクのストーリー:悪戯好きの神ロキと巨人族
ラグナロク
2017/10/18

古代よりスカンジナビア半島を中心に、口述による伝承によって受け継がれてきた北欧神話は、13世紀頃に「エッダ」という文書にまとめられ、それまでの伝承に整合性が与えられました。 エッダのエンディング=エピローグには、巨人族と神々が大きな戦争を起 …

「神々の黄昏」を意味するラグナロクのストーリーとは
ラグナロク
2017/10/17

19世紀のドイツの作曲家、ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナーは、19世紀ヨーロッパを代表する作曲家のひとりであり、日本でもよく知られた人物です。 指揮者でもあったワーグナーは、通称「楽劇王」との異名をとるほどの歌劇作家であり、「ロマン派歌 …

イカじゃなかった?海の超巨大怪物クラーケンの正体とは
2017/10/15

  近代や現代でも海洋で目撃されるという海の大型怪物に、「シーサーペント」と呼ばれるものがあります。「サーペント(serpent)」とはヘビのことで、海に棲む巨大なヘビまたは巨大で細長い未確認生物(UMA)のことを総称して言います …

クラーケンだけじゃない!日本にもいた「海の超巨大怪物」
2017/10/14

  海の巨大怪物には正体不明の「クラーケン」をはじめ、ギリシャ、巨大クジラと言われる「ケートス」、巨大海亀と伝わる「ザラタン」や「アスピドケロン」といったものがあります。それらは島と見紛うほどの超巨大な生き物で、船乗りたちが間違っ …

まるで島!超巨大怪物・海亀ザラタンと蛇海亀アスピドケロン
2017/10/13

海の巨大怪物「クラーケン」の伝承には、島のような巨大さ、あるいは多数の小島が集まったようにも見えたというようなものがあります。まさに地球上で最大の海の怪物ということのようですが、クラーケンと同じように島と見紛う海の巨大怪物の伝承がほかにもあ …