不思議なチカラ最新情報

海洋地殻・地球磁場から判断したムー大陸否定の根拠
2016/07/28

  かつて存在し、1万2千年前に、一昼夜にして海底に沈んでしまったといわれる伝説のムー大陸は、現代科学技術にもとづく学説をベースとした調査によれば、その存在に否定的な見解が多いことは事実です。「ムー大陸はなかった」とする代表的な学 …

古代丹後王国の浦島伝説4:現世に帰ったその後も丹波国で行き続けた
浦島伝説
2016/07/28

  「丹後国風土記」に語られた浦島伝説の主人公、浦の嶋子は常世の国の亀姫のもとから300年が過ぎた現世の故郷に帰り、若さを失って老人となってしまいましたが、その後どうしたのでしょうか。 丹後国風土記に記された物語の最後には、浦の嶋 …

ムー大陸はなかった!?深海堆積物から見たその根拠とは?
2016/07/27

  かつて太平洋の真ん中に大陸があった、という伝説が伝えられており、その大陸はムー大陸として、これまで何度も真偽が協議されてきたのですが、「ムー大陸はあった」とする説には科学的な根拠が乏しいこととは対照的に、「ムー大陸はなかった」 …

古代丹後王国の浦島伝説3:亀に変身していたのは乙姫様?
浦島伝説
2016/07/27

  奈良時代にまとめられた「日本書紀」と「丹後国風土記」に、最古の記述がある浦島太郎伝説=浦の嶋子の伝説。その主人公は、日本書紀には丹波国与謝郡(後に丹後国になる)の筒川の人である「水江浦島子(みずのえうらしまこ)」と記され、丹後 …

鹿児島県にあったムー大陸博物館で発信されたムー伝説とは
2016/07/26

  1800年代に西欧で発表され、1930年代には日本でも浸透し、今もその謎の調査がおこなわれているというムー大陸伝説なのですが、日本においては雑誌の名称になったり、近年発見された海底遺跡をムー大陸伝説と結びつけて検証をおこなった …

古代丹後王国の浦島伝説2:束の間の楽しい日々と哀しい結末
浦島伝説
2016/07/26

  「丹後国風土記」の浦島太郎伝説=浦の嶋子の伝説は、日本書紀の記述と並んで日本で最も古いもので、その時代は古墳時代にまで遡るものです。 物語では、丹後国与謝郡日置の筒川村(現在の伊根町筒川)の「筒川嶋子(つつかわしまこ)」、また …

『失われたムー大陸』で語られるムー大陸消滅までの顛末とは?
2016/07/25

  ジェームス・チャーチワード氏の著書『失われたムー大陸』によると、7~5万年前には誕生していたというムー大陸と、そこに暮らす人々による文明社会は、東西8,000キロメートル、南北5,000キロメートルという広大な陸地に、人口およ …