不思議なチカラ最新情報

花開く古代文明:メソポタミア文明の礎となったシュメールとは?
八百比丘尼
2016/12/31

  古代メソポタミア文明は、一般的には紀元前9000年頃以降に中東のチグリス・ユーフラテス川周辺に勃興した都市文明全般をあらわしていますが、その礎は、紀元前9000年頃にこの地に移住し、紀元前3500年頃以降に革新的な都市化を成し …

火星という名称はどのように名付けられたのか?Marsの意味とは。
火星
2016/12/31

火星は、科学的天文学的には比較的近年にその実在を確認された存在であるにもかかわらず、古代ギリシャや古代中国の思想の中でも、既に概念としては存在していたようです。 もっとも当時は火星の存在を確認することは物理的に不可能である、と考えられますの …

シュメール文化の始まりと進化…ウバイド期とウルク期
2016/12/30

  世界四段文明のひとつ、メソポタミア文明の原型とされていて、地球上に発生したあまたの文明のなかでも「最古の文明」との説も名高い古代都市シュメールは、紀元前5500年頃を皮切りに、紀元前3500年頃から急激に発展し、のちのメソポタ …

火星人は本当に存在するのか:火星における知的生命体の存在の見解
火星
2016/12/30

18世紀にドイツの数学者カール・フリードロヒ・ガウスが、火星に知的生命体が存在することを意識して、光学信号を火星に送ることを構想していて以来、人類は現実的なアプローチで、火星人の存在可能性を検証し続けています。 世の人々の間でも、火星人存在 …

メソポタミア文明の原型?最古の都市文明シュメールとは
2016/12/29

  世界四大文明といえば、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明(メソアメリカ文明とアンデス文明を加えて、六大文明と評されることもあります)があげられ、これらは世界最古の文明としても有名なものなのですが、その中のメ …

火星人は本当に存在するのか:1938年「火星人襲来パニック事件」
火星
2016/12/29

太陽系惑星の中でも地球に一番近い火星は、古くは18世紀頃から生命体の存在が取り沙汰されてきました。18世紀のドイツの数学者にして天文学者であるカール・フリードロヒ・ガウスは、近代に浸透している数学的領域のほとんどに影響を及ぼしたといわれてい …

王の中の王!アレキサンダー大王の逸話と人物像
2016/12/28

  伝説の大英雄アレクサンドロス3世、通称アレキサンダー大王は、古代ギリシアに栄えたマケドニア帝国を巨大な王国に育て上げたという、輝かしい経歴を持っていますが、その経緯の物語には、まるで漫画やフィクションの世界のようないわゆる「大 …