不思議なチカラ最新情報

仮説・ロアノーク島の集団失踪事件の根底に流れるもの
4b0f7cebc5614dc8a093a2ccfbbcded5_s
2017/09/24

  17世紀イングランドの探検家にして著作家、そして「植民請負人」の異名をも持つジョン・スミスという人物は、1590年に北アメリカで起こった「ロアノーク島集団失踪事件」についての調査を本格的に再開しました。 これは当時100人余り …

手がかりはいずこ?ロアノーク島の集団失踪事件を解く鍵とは
2017/09/23

  1590年、北アメリカのロアノーク島で100人余りという大人数が忽然と姿を消してしまったという、20世紀の代表的なミステリーのひとつ「ロアノーク島集団失踪事件」では、事実が解明されていないだけに、数多くの仮説が立てられ、今も検 …

2つの仮説~ロアノーク島の集団失踪の真相を考察する!
2017/09/22

  1587年から1590年にかけておこなわれた、時のイングランド女王エリザベス1世による「新世界=アメリカ新大陸の、イングランドによる植民地化」は、男性90人、女性17人、子供11人の入植者全員が姿を消してしまうという「集団失踪 …

ロアノーク島の集団失踪事件の裏に先住民とのトラブル頻発が?
92b06d8cea6937719492e6bf140d1626_s
2017/09/21

  1590年に発覚した「イングランド植民地であるロアノーク島の入植者集団失踪事件」の当時、スペインとイングランドとの間では、英西戦争と呼ばれる紛争が起こっていました。 紛争は、1604年にロンドン条約を結んで終結するまで、断続的 …

失われた記録:ロアノーク島集団失踪事件が起こった背景
チャネリング
2017/09/20

  1590年、イングランド本国からの物資補給のため、入植先である北アメリカのロアノーク島から一旦本国に戻った入植者管理者一行は、当時勃発していたスペインとの戦争とのあおりを受けて、ロアノーク島に戻るのが当初予定よりも相当遅れてし …

消えた開拓者たち!ロアノーク島の集団失踪事件の真相とは?
96f97603db412b49f66ac693b55dbbfb_s
2017/09/19

  1584年、時のイングランド女王であるエリザベス1世の勅許をうけた、詩人にして探検家でもあったウォルター・ローリーは、女王への忠誠をベースに、出世と一攫千金の一挙両得を目論んで、北アメリカにある当時未開のロアノーク島を植民地化 …

「CROATOAN」の文字を残し…ロアノーク島集団失踪事件の経緯
99f846ce0d65c90ebdd877eefeeaa0a3_s
2017/09/18

  イングランドの、時の女王であったエリザベス1世の寵臣、ウォルター・ローリーによる、ロアノーク島への1584年の最初の入植は、結局のところ失敗に終わってしまいました。 しかしこの時には、後世に伝承される大きな謎である「集団失踪事 …